小児歯科-お子様がいらっしゃる方へ-Kids

  • ホーム
  • 小児歯科-お子さんがいらっしゃる方へ

お子さんを尊重した診療を行っています

白金台駅前歯科クリニックでは、お子さんの歯科治療もお受けしています。

お子さんが歯医者を怖がる理由をご存じですか?

お子さんが歯医者を怖がる理由をご存じですか?

大人と子供が違う点は、ずばり歯科医院へ行くという意思です。大人は歯科医院の役割を理解していて、自らの意思で通院します。一方、お子さんは自らの意思ではなく、保護者の方に連れられてよくわからない場所へ来るというわけです。

当院では無理やり治療を行うようなことは絶対にしません。

なぜなら、強引な治療こそが、今後のお子さんの歯医者のイメージをネガティブなものに着地させてしまうからです。

当院では、無理やり押さえつけるようなことはしません

当院では、無理やり押さえつけるようなことはしません

当院では、お子さんが嫌がってしまってイスに座れない場合やじっとしていられない場合にでも、無理やり体を押さえつけてまで治療を行うことは絶対にしません。時間はかかったとしても、当院のお子さんへの関わり方が歯医者嫌いにさせてしまう可能性があると考え、大丈夫になるまでリトライしてもらうのが私たちのポリシーです。

乳歯のむし歯の進行

歯科医療従事者専用サイトWHITE CROSSより許諾を得て掲載しています。https://www.whitecross.co.jp/

お子さんを虫歯から守るために

当院では、お子さんを虫歯から守るためにフッ素塗布とシーラントは当たり前に行うものと考えています。歯質を強化する成分を持つフッ素を塗布すること、生えたての永久歯の表面にあるデコボコにシーラントという樹脂を詰めることで虫歯のリスクを抑えることができます。

シーラントを知っていますか?

歯科医療従事者専用サイトWHITE CROSSより許諾を得て掲載しています。https://www.whitecross.co.jp/

小児歯科Q&A

歯ブラシを嫌がりますが、どうしたらいいですか?
最初は歯ブラシで一緒に遊んであげてください。歯医者さんごっこや磨きごっこを行っていくうちに、歯医者さんがどういう存在か、歯ブラシがどうして必要かなどを伝えていくと、お子さんも歯ブラシに早くなれるケースが多いです。最後は保護者の方が仕上げ磨きをしてあげてください。まずは歯磨きをすることを習慣化していきましょう。
仕上げ磨きは何歳まで行えばよいですか?
年齢にもよりますが、小学校卒業くらいまでは仕上げ磨きをしてあげてください。歯科医としては、中学校卒業くらいまでは仕上げ磨きをしてほしいと考えています。思春期などもあり、難しいとは思いますが、お子さんのブラッシングには限界があるので、仕上げ磨きこそ予防の第一歩です。また、お子さんの歯並びや噛み合わせ、また磨き方のクセなどもあるので、うまく磨けない場合にはご相談ください。
虫歯予防のために、おやつは食べさせないほうがいいのでしょうか?
お菓子をダラダラ食べていると口腔内が酸性になる時間が延び、虫歯になりやすくなってしまいます。決まった時間におやつを与え、虫歯のリスクを減らしてあげましょう。できれば、おやつが終わった後には歯磨きをしてあげてください
子供の虫歯予防ではどのような治療を行うのですか?
お子様の歯の歯質を強化するためにフッ素を塗ったり、また奥歯など凹凸が多く汚れが溜まりやすく、磨き残しができやすい部分に対してシーラントという樹脂を詰めたりしていきます。
矯正は何才くらいから始めたらいいですか?
お子様の矯正の場合、大人の歯が生え始めた6歳くらいからと言われています。お子様の歯の状態にもよりますので、一度お気軽にご相談ください。

乳歯の生える時期

永久歯への生え替わりの時期

歯科医療従事者専用サイトWHITE CROSSより許諾を得て掲載しています。https://www.whitecross.co.jp/

to top