予防歯科(メインテナンス)Prevent

  • ホーム
  • 予防歯科(メインテナンス)

歯ブラシだけでは40%の汚れは残るんです

どんなに歯ブラシがうまい人でも、40%の汚れは落としきれないといわれています。もっというと、電動歯ブラシであっても100%の汚れはとれません。仮にもし、みなさんがセルフケアのブラッシングで100%の口腔内の汚れを除去しきれるなら、歯科医院はいらないですよね?

誤解しがちな歯ブラシの交換時期

誤解しがちな歯ブラシの交換時期

適切な交換時期は、実は1ヶ月なんです。同じ歯ブラシを1ヶ月以上使っていませんか? ちなみに交換が必要になる理由は毛先が広がって汚れを落としにくくなるだけでなく、カビが付着することが大きな理由です。

カビが付着した歯ブラシで歯を磨くことを想像してみてください。お口の健康はもちろん、身体にも良くないことは容易に想像できますよね。もちろん、お口の健康にとってもいいはずがありません。

赤ちゃんは本来、虫歯は保有していません

赤ちゃんは本来、虫歯は保有していません

赤ちゃんはお口の中が無菌状態で生まれてくるのをご存じですか? 虫歯がお口の中に入ってくるルートは、いちばんは親です。飛沫感染や食事中の口移しなどで虫歯菌が移っていくものなんです。

また、親が注意していても、おじいちゃんおばあちゃんから感染するケースも多々あります。同じスプーンやフォークを使わないことは虫歯予防には有効ですが、現代社会ではなかなか防ぐのは難しいと考えるのが自然だと思います。

生育課程でほとんどの方が一度は虫歯になるものですし、30才以上になれば8割は歯周病かその予備軍であるといわれています。

そこで必要になってくるのが、予防歯科です。

白金駅前歯科クリニックの予防歯科

虫歯の治療は主に歯に感染している虫歯菌を取り除くことです。当然、繰り返せば何回も歯を傷つけてしまい、ダメージが蓄積されてしまいます。場合によっては、歯の神経をとることとなり、抜歯せざるを得ない状況に陥ることもあります。

歯の大切さを国民が理解しているフィンランドなどの歯科の先進国とは違い、日本では歯が痛くなってから歯科医院へ行くという人が大半です。痛くなる前に予防の意味で定期的な健診を受けることで、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療ができるので、少しでも気になる症状があれば一度当院までお越しください。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC(歯のクリーニング)

ブラッシングで落としきれない歯の表面や歯と歯ぐきの間、歯と歯の間などに溜まった食べかすやプラークを専用の器具を使って、取り除きます。仕上げには、フッ素を塗布して再び汚れが付きにくくして終了します。

PMTC

歯科医療従事者専用サイトWHITE CROSSより許諾を得て掲載しています。https://www.whitecross.co.jp/

TBI(ブラッシング指導)

TBI(ブラッシング指導)

患者さんごとに歯の形や大きさ、噛み合わせなどは異なります。それぞれの口腔内環境にあわせて、適切な歯ブラシの提案や磨き方のレクチャーを行います。

口腔内環境にあった物販のご提案

普段の生活習慣と口腔内環境について綿密にカウンセリングを行い、患者さんに合わせたデンタルケア用品をご案内しています。ご自身にあったケア用品をお使いいただくことにより、普段からの虫歯や歯周病などの予防効果を高め、口腔内の健康づくりをサポートします。

その他メニュー

当院では自由診療でのメインテナンスを推奨しています

保険診療では国(厚生労働省)が定めた器具で決まった用法でしか、予防歯科の処置が行えません。そのため、当院では基本的に自由診療でのメインテナンスを行っています。ケースバイケースですが、制限のなかで患者さんのお口健康を守ることは難しいため、どうぞご理解いただけますと幸いです。

to top