審美・セラミックEsthe

あなたの希望に沿うための提案と選択

まずはあなたのことを教えてください。

あなたの希望に沿うための提案と選択

歯科医師と患者さんは、その関係性の前に「人と人」が大前提にあると思っています。自分のことをよく理解していない人に、大切な歯を任せると思ったら怖いですよね?当院ではそういった感覚を大切にし、まずはコミュニケーションをとることから審美歯科の治療に入っていきます。

カウンセリングにおいては、お話を伺って考え得るいくつかの選択肢を提示し、それぞれの治療のメリットだけでなく、デメリットやリスクなどもしっかりお伝えしていきますので、わからないことがあれば遠慮せずにご質問ください。

治療の答えは、あなたの中にあります

治療の答えは、あなたの中にあります

私たちのスタンスとして、治療の答えは患者さんの中にあると考えています。もちろん、同じような年齢で似たような症例はありますが、一人ひとりのお顔が違うように、まったく同じ口腔内環境ということは絶対にありません。

白い被せ物を作製するといっても、見た目だけでなく、反対側の噛みあう歯の状態や隣の歯の色調などをふまえ、いっしょに最適解を見つけていくお手伝いをすることが私たちの役割だと考えています。

自由診療と保険診療の違い

自由診療=高いというイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいますが、それには理由があります。また、裏を返せば保険診療が安い理由もあるのです。被せ物の素材と診療における時間、使える歯科材料の観点で比較すると以下のとおりです。あなたはどちらの診療を受けたいと思いますか?

※表は左右にスクロールして確認することができます。

自由診療 保険診療
被せ物の材質

主にセラミックを使用。さまざまなセラミックがあり、金属を織り交ぜた素材から100%セラミックでできた素材、審美性と耐久性が高いジルコニアなどがある。

【メリット】
審美性と耐久性を兼ね備えている。金属不使用のセラミックのほうが見た目は良い。
【デメリット】
保険診療の素材より高額。

銀を主成分とした裏打ちの金属と、歯の色を模した表層の樹脂、CAD冠(コンピュータで設計した白い被せ物)を使用。

【メリット】
自由診療の素材より安価。
【デメリット】
銀を用いた素材は歯ぐきのキワが経年劣化で黒ずむことがある。また、樹脂は時間が経つと黄ばむことがある。

診療における時間 高価な診療となるため、カウンセリングの時間をかけて満足度の高い診療を受けやすい。 安価な診療となるため、多くの時間をかけられない。
使える歯科材料 無制限。 国(厚生労働省)が定めた歯科材料のみ。

当院の審美治療メニュー

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアフレームにセラミックを焼きつけてつくるクラウンです。審美性や生体親和性、強度が高いのが特長です。また、金属不使用なので金属アレルギーの心配もありません。従来のセラミックのデメリットを克服した注目の素材です。

被せ物 1本 \125,000(税抜)

e-max

e-max

従来のセラミックより5倍ほど高い硬度を持つ、審美性と天然歯のエナメル質に近い強度を兼ねそなえた新しいセラミック素材です。美しいのはもちろん丈夫で変色しにくく、金属アレルギーのリスクもありません。

被せ物 1本 \100,000(税抜)
詰め物 1本 \50,000(税抜)

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

「人工ダイアモンド」として有名なジルコニアでつくる補綴物です。天然歯のエナメル質に近い透明感があるのがジルコニアの特長です。そのため見た目にもとても自然で強度や耐久性に優れた人にやさしい素材です。

被せ物 1本 \90,000(税抜)

ファイバーコア

ファイバーコア

ファイバーコアを素材にした被せ物のコア(土台)です。従来の金属製のコアと比較し、しなやかさを持つことで歯根を傷めることがありません。また透明なため、被せ物の透明感を損なわない点、また金属アレルギーのリスクがない点もメリットです。

ファイバーコア(直接法) \15,000(税抜)
ファイバーコア(間接法) \20,000(税抜)
CR充填(グラディアダイレクト) 単純 \10,000(税抜)
複雑 \15,000(税抜)
TEK(テンプスマート) 1歯 \3,000(税抜)

to top